« July 21, 2004 | Main | October 4, 2004 »

2004.08.10

振り向くと蜃気楼

先日、たまたま図書館で見かけた本が乱歩賞受賞だというので読んだら、思いのほか面白かった。
「破線のマリス」という本なのだが、その作家の他の作品を読もうと検索していたら、それが野沢尚という著名な脚本家で、しかもついこないだ、6月に自殺していたということをつい今さっき知ってびっくり。

そもそもドラマをあまり見ないので、脚本家なんて知らないのだ。
そういえばそんなニュースを見たような気もするが、「そんな人知らなーい」で通りすぎていたような。
なにかに引き寄せられたのかしらと、夏だけにひんやり涼しい気持ちになったことです。

それに、さっき肩コリでマッサージ行ってきたんだけど、そこにあった韓国人漫画家(&原作者)の、「新暗行御史(しんあんぎょうおんし)」というマンガも意外と面白くて、待ってる間に2巻まで読んでしまい、続きを買ってしまいそうな自分なのである。
絵は上手いには上手いけど、主人公の顔は好みじゃないし、妖精耳が出て来たり、女性の描き方がいかにもプロトタイプでアレなんだけど、原作が面白かったのね。
今までにないタイプのヒーロー像で。おおざっぱに言うと水戸黄門だけど、なんかシーン展開がいちいち意外で。

あと月刊マガジンで連載してる「カペタ」ね。カートのマンガ。あれも読んじゃうなー、なんか。
読んじゃうと言えばジャンプの「銀魂」も好きなんだけど。あれは既に同人が出てるね。
ヤフオクで銀髪のかつらが出品されてたり。そこまで好きか、って思うけど好きなんだろうね~好きな人は。

ワシ的に最近は江戸ブームで、色々読んでるんだけど、江戸はいいねえ。かなり粋だ。
新選組は、自分的にブームは去った感じ。大河ドラマの新選組は最後どうなるんだろうか。最近は見たり見なかったりだけど。
近藤が斬首されたあとまでやるのかな。そうだろうなあ。土方が五稜郭まで行って終わるんだろうね。
と思ったら、図書館で江戸の本めくってたら、近藤がさらし首になってる絵が載ってて、うぇ~でした。
こんなところで本日の勤務は終了ざます。お疲れ様でした~!

| | Comments (24) | TrackBack (0)

« July 21, 2004 | Main | October 4, 2004 »